自撮りのすゝめ〜補足編、明るさの大切さ〜

全ての自撮ラーたちに知ってほしいこと

どうも、ファッション戦隊おしゃレンジャーのコバルトブルーこと、よっこんだ!

前回、前々回と自撮りのすゝめというものを説いてきました。

自撮りのすゝめ

自撮りのすゝめ〜実践編〜

もしも、こちらの記事を機に自撮ラー(自撮りをする人)デビューをする人が出てきたのであれば、僕にとっては非常に嬉しいことです。

今回は自撮ラーデビューをしたという方はもちろん、すでに自撮ラーだぜという方にも補足として伝えたいことがあります。

それは、『明るさの大切さ』です。

思っていたよりパッとしない自撮り写真の理由

 
おそらく、自撮りをしたことがある人ならわかると思いますが、

自撮りした写真を見た時に、
「なんかパッとしね(´・ω・`)」
って思ったことがあるのではないでしょうか。

スマホカメラの技術向上は目を見張るものがあるんですが、(iPhoneのカメラは一部SONYが携わってるんだって!)

暗い色合いの服などは、どうしても服のシルエットやラインがボヤけたり、立体感が無くのっぺりした感じで見えてしまいます。

例えば、「自撮りのすヽめ〜実践編〜」で撮影した写真を見ても分かると思いますが、

ネイビーワントーンコーデ暗い

こちらのコーディネート、ネイビーのワントーンカラーコーデ(同色アイテムで作るコーデ)をしているんですけど、
パンツやトップスの素材感やシワ感などが伝わりにくく、ネイビーの色合いもほとんど黒に近いものに見えてしまっています。

これは、カメラで取り入れる光量(明るさ)が足りないがために起こってしまう現象なので、
照明や日差しの強い場所で撮影をすればある程度解決することができます。

ただ、光が強すぎてしまうとそれはそれでコントラストが強すぎて似たような状態にもなっちゃいます(汗)

白黒コントラストコーデ

ちなみにコントラストというのは、

最も暗い部分と最も明るい部分の差を指していて、

コントラストが高くなると明暗の差が大きくなり、明るい部分や暗い部分がはっきりするが、中間の色が潰れてしまう
逆にコントラストが低くなると明暗の差が縮まり、中間の色が増えて、明るい部分や暗い部分がはっきりしなくなってしまう

って、wiki先生が言っていました!

Wikipedia:コントラスト

そういうわけで、コントラストの強弱問題などを考慮すると、
明るすぎず暗すぎない場所で撮るのが、一番服の質感や色合いがわかりやすく見えるよねって話です。

例えば、日差しが強い日の屋根がある場所とかですかね。

プルオーバーシャツコーデ

まぁこうして言うのは簡単なんですが、
「ただでさえ自撮りなんて面倒なのに、場所や天気まで気にしてられないよ!」って思う方もいるかもしれません。

だけども、安心してください!

こうしたスマホカメラの技術向上だけではカバーしきれない、僕たち自撮ラー民族の悩みに応えるための万能ツールがあります。

それは写真加工アプリというものです。

明るくするだけでこんなにも違うんだよ

https://matome.naver.jp/m/odai/2137914562085456801

まず、写真加工アプリとはどういうものかというと、

スマホに保存された写真の明るさや色調を整えたり、エフェクトをかけることでそれっぽい感じの写真に仕上げることができるというツールになります。

例えば、先ほど出していたこちらの写真を、、、

ネイビーワントーンコーデ暗い

明るい部分を抑えて、暗い部分の明度を上げてあげることで、、、

ネイビーワントーンコーデ明るい

こういった感じに仕上げることができます。

どうでしょう。

写真の明るさを調節してあげるだけで、
色味がはっきりと鮮やかになり、シワなどの陰影がくっきりと出ることで一気に立体感が出たように見えませんか?

たった一手間加えてあげるだけで、自分で見てもわかりやすく他人に見せても恥ずかしくない一枚が出来上がるんです。

まだ写真加工アプリを使ったことがないという方も、
Googleなどで「写真加工アプリ」と検索すれば無料のものでも山のように出てきますんで、
騙されたと思って一度試していただくことをおすすめします。

どのアプリを選べば良いの?

「アプリを使って明るくするのが良いのはわかったけど、どのアプリを選んだら良いの?」という方もいるかと思いますので、
僕が個人的に使っているアプリと、どういったものを選んだら良いのかって基準を簡単に書いていきたいと思います。

まず、僕が現在使っている写真加工アプリというのが、
『Instaflash Pro』というものになります。
※調べたらこちらのアプリiOS専用でした。androidユーザーの方、すみません!!

Anlei Technology Inc.「Instaflash Pro」
Apple Store:Instaflash Pro

こちらのアプリはシンプルに写真加工のみに特化したもので、余分な機能が一切入ってないといった印象です。

一応、こちらがアプリの立ち上げ画面。

instaflash画面

恐ろしくシンプルです。

選択肢は保存している写真を選ぶか、その場で撮った写真を加工するかの二択のみ。
その分操作性もシンプルで、難しく考える必要なく直感的に使うことができるのが良いです。

例えば、こちらの写真の明るさを調整したい場合、、、

instaflash編集画面

左下にあるシャドウという値を高めてあげるだけ!

instaflashシャドウ編集画面

これだけでも随分印象が変わったかと思います。
そのほか、黒い部分にだけ光をあてることも出来ます。

instaflash照明編集画面

こんな感じで順番に調整項目をいじくり倒していくだけで、それっぽい雰囲気の写真が作れるアプリになっています。

僕はこのアプリの有料版(600円ぐらいだったかな)を使っているんですが、
ぶっちゃけ無料版でも広告とかが入るぐらいで全然問題なく使えるかと思います。

Anlei Technology Inc.「Instaflash」
Apple Store:Instaflash

最後に、どういったアプリを選ぶべきかって基準ですけど、
細かい部分の明るさ調整ができるのが良いかなってぐらいです!

単純に明るくするだけだと、全体が白っぽくぼやけてしまう感じになってしまうので、
上記のアプリみたいに暗いところを明るくするのはもちろん、明るい部分を抑えることができる機能さえ付いていれば十分だと思います。

次回予告

 
というわけで、三度に渡ってしつこく説いてきた『自撮りのすヽめ』も今回でいったん終わりになりますが、
また新しい発見や自撮り法が見つかればドンドン発信していきたいと思います。

そして、次回からはファッション戦隊らしく着こなし関係のコツだったり、ユニクロ・guなどで買えるおすすめアイテムの紹介などをしていこうかなと考えています。

高い服やブランド物を買わなくたっておしゃれは楽しめます。

少しでも多くの人が、気楽に気軽にファッションというものに触れることで、
おしゃれだけでなく日常のいろんなことが楽しくなれるようにファッション戦隊おしゃレンジャーは今日も明日も闘っていく。

それではまた今度、さらば!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です